FBE Media

ViscomはFujiスマートファクトリーのメンバー

ハノーファ、2018年9月 ー Viscom(株)はFujiスマートファクトリーに正式に参画。Fujiコーポレーションは、電子機器生産における機械相互間のコミュニケーションの簡素化を提唱し、実現に向けて率先しています。そのため、種々の製造ラインが同社ソフトウェアNeximに包括的に結合されます。

 

„NeximによるFujiスマートファクトリー“には、Viscomやその他の有数企業を含め、電子業界の20企業が参加しています。Fujiコーポレーションは、電子産業向け実装システムの革新的技術でリードするメーカーです。また、製造設備やロジスティクスシステムにおける組織やコミュニケーションの大幅な自主的履行を目指し、標準化ルールの開発を提唱し推進しています。

 

Fujiスマートファクトリのライン制御は、専用に作成されたインタフェースを通して、異なるメーカーの情報交換を実現し、フレキシブルな自動製造を可能にします。「ラインネットワーク領域にViscom Quality Uplinkを採用し、既に多くの肯定的経験を得ています。Fuji コーポレーションとの協同パートナーとして、この経験を新たな方向へ展開できることを大いにに歓迎しています。」と、Viscom(株)営業・マーケティング・国際事業部のカルステン サレヴスキー部長が述べています。

 

Viscomは、自動情報交換およびインテリジェントなデータリンクに多面的可能性を具現するQuality Uplinkを提供しています: 種々の検査ゲートからの検査結果を容易に統合できます。はんだペーストプリンタや自動実装機のパラメータは、クローズドループ結合により、ハンダペースト検査結果に合わせて正確に調整されます。

 

Viscom以外のハンダペースト検査を既にライン統合しているクライアントには、自社開発のオープンインタフェース4.0によって、ViscomのAOIおよびAXIシステムにネットワーク形成されます。ViscomはFujiスマートファクトリーの他にも、IPC CFX(接続ファクトリー交換)および„ヘルメス基準“等の提唱にも参画しています。


productronica China 2019 慕尼黑上海电子生产设备展

版权所有。使用本网站使用的条款和条件。查看我们的隐私政策